2022年10月

晩秋の小県/15

サティを探せ

Where's my wife, Satie?

この超ロングショット。なかなか撮影はタイヘンです。

15.jpg

 

前回までの高い切り株。種を明かすと靴だけ履いて登ってから脱いで放ってよこしています。犬ははしゃいで自分も登ろうとするのをボクが股の間に挟んで押さえています。かなりにぎやかな撮影現場でした。

晩秋の小県/14

14.jpg

 

美しい一日でした。さとシエはこれから伊豆の干物で冷酒です。

晩秋の小県/11

11.jpg

 

ぶるぶる,お寒うございます(;^_^A

毎年,寒くなるときには「この程度で寒がっていて真冬に耐えられるのだろうか。」と不安になりますが,不思議に体は慣れていくものですね。神宮や皇居の木々も一気に色づいて来ました。街も山もまた美しい季節を迎えます。

晩秋の小県/09

09.jpg

 

Skip toward the sunshine. 光の中へスキップ!!

50mほど下に獣避けの金網柵が設けられていて,車はその扉を開閉しなければ通れない林道です。耳を澄ませていれば事前にわかるので,意外にセーフティなサティ場でした。

晩秋の小県/07

07.jpg

 

EF50mm F/1.2開放です。すさまじいボケ味でしょう。

晩秋の小県/05

05.jpg

 

今日も東京はよく晴れています。空の色がきれいです。

小県郡は上田市の南,戦国時代には真田氏をはじめ国衆と呼ばれる小大名が割拠した歴史ファンにはおなじみの地です。かく言うシエナも武田氏の山城探訪が目的でこの地を訪れました。

晩秋の小県/01

01.jpg

サイトの修復に気が急きますが,たまには新作を上げようと秋らしいシリーズを始めます。新作と言っても今年撮影したわけではないのです。サティはいまだに溺愛していたトラノスケを喪って数年経ちますがショックから心身ともに立ち直っていません。